知らない人に助けを求められた→私『他をあたってください』友人「酷い!冷たくない!?」私『善意は誰かから強要されるものじゃなくて、やりたい人がするものだよ』→すると…

やらない善よりやる偽善って言葉吐く奴大嫌いだ。
私は困ってる他人がいても見てみぬふりしてた。
小柄なうえ足の関節が悪いから、何かあった時に走って逃げたりできない。

 

だから知らない人は困ってても話しかけたりしなかったしそれが親の教えでもあった。
でも私自身がよく知らない人から助けを求められる。
友達と一緒にいても声をかけられるのは私、それも男性が多い。

私は外はもちろん、大学内でも何か助けを求められても「知りません」「わかりません」「他をあたってください」とすぐにつっぱねてた。
でも周りの子たちから冷たいとか酷いと言われた、すっごい言われた。

 

「善意は誰かから強要されるものじゃなくて、やりたい人がするものだよ」
と言ったら
「やらない善よりやる偽善」
といつも反論された。

 

友達が離れたりはしなかったけど、
「一度の人助けで何かあったりしないよ」
と言われ続けたし、たまにボランティアに強制参加させられたりした。

 

友達と大学からの帰り、最寄り駅に向かった時に大荷物を抱えて足を骨折した人が困ってた。
そして案の定通りかかった私に声をかけた。
私は即座に「電車の時間があるので」と断った。
その時本当に電車の時間が差し迫っていたし、私は片道一時間半かかるから電車の乗り合わせが悪いと乗り換えで30分待つこともあった。

 

でも友達はそんなことを知らないので「終電じゃあるまいし」と私の言葉を跳ね除けて「手伝います」と言った。
ここで逃げたら見知らぬ人だけでなく友達も捨てたことになる・・・私は仕方なく手伝った。
これが悪かった・・・

 

引用:MOJOLICA MOJORCA
画像出典:photo AC

コメントしてね

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *