見覚えのある女『ゆうべここに停めた自転車が見つからない』俺(見つからないって、それはあんた・・・)女『さっきからずっと探してるんですが…』俺「えっ」→結果・・・

 

685: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/12/23(水) 17:43:23.25
676です。
その後は特別な出来事もなかったけどとりあえず思い出したまま書いてみます。

 

嫁は俺の思った通り、隣県の一番端っこの市の出身で、田舎者だった。
高校の求人で俺の地元に就職してずっと寮暮らしだったのが、
この頃に転職してマンションで一人暮らしを始めたところだった。
前職場の仲間から転職祝と餞別代わりに貰った自転車だったので、
それを盗られたショックと通勤の足が無くなって途方にくれたため、
その日の夜に俺の自宅に連絡があった。

 

それから、引っ越したばっかりだったので住民票の手続きもしておらず、
電話でそれらをいちいち説明していたのだが途中で面倒くさくなり、
「あのぉ、もしよかったら付いてきて貰えませんか?」と、頼まれてしまった。
嫁はこっちには頼る身内が全くいなかったので、仕方なしに引き受けた。
翌日、会社には尤もらしい言い訳をして、嫁と一緒に交番と役所に行った。
家具類や食器も揃っていなかったので、その週末には買い物にも付き合わされた。
それからは、毎日お互いその日の出来事を電話で訊いたり話したりするようになり、
週末には必ず一緒に食事をするようになった。

 

686: 676 2015/12/23(水) 17:44:28.12
続き

 

引用:MOJOLICA MOJORCA
画像出典:photo AC

コメントしてね

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *