部室から集金袋がなくなった→皆『盗んだなんて思ってないから集金袋返して?』『お金困ってたの?』私「えっ。私盗ってないよ!!!」皆『はぁ~(イライラ)』→すると・・・

 

ロッカーの靴入れるスペースの奥に、
集金の封筒がペッタリと貼り付くように落ちてたらしい。

 

「嘘ー」と集金の子が泣き出した。

 

そうしたら皆がワッと笑った。

 

「そんなことだったのかー」
「ウッカリだねー」
「○○ごめーん」

 

と大笑いしながら言った。

 

私は、うつむいて着替えてる途中だったんだけど、
その見つかった騒動と笑いながらのゴメンを聞いた直後に、
自分のコートと荷物掴んで、部室から飛び出した。

 

その後顧問に退部届出して、一切の言葉も聞かずに退部した。

 

その翌日、唯一私をかばってくれた子から、

 

「私も今日退部届出した。みんな部活やめたあなたを『試合近いのに困る、人数足りなくなる、あんなことで辞めるなんて』と怒ってた。
皆がやったことなのに、あなたのせいにしてるのが心底腹が立った。
だから私が決めて私の考えで辞めた。
あの時もっと強くあなたの味方をするべきだった。皆の剣幕に押された弱い私でごめんなさい。
本当に本当にごめんなさい」

 

みたいなことを、授業で会った時に呼び止められて言われた。

 

引用:MOJOLICA MOJORCA
画像出典:photo AC

コメントしてね

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *