会議で。先輩『みんなの許容量を見極めて工程をたててください』上司「大口叩くならお前がやれ!!!」先輩『わかりました』→結果・・・

昔の会社の先輩の話。
無計画で仕事の工程すらまともに立てられない上司の暴君ぶりに、みんなが根を上げる寸前で先輩は
「みんなの許容量を見極めて工程をたててください」
と会議で言った。

 

するとその上司は
「僕も手が一杯だから大口叩くならお前がやれ」
逆切れ&丸投げ。

先輩はその場で言い返さず自分の膨大な仕事をこなしつつ、20人分の仕事内容、納期を把握していた。
その上、納期が遅れそうな奴の分を自分はもちろん、少しでも余裕のある人を集め間に合わせ、相手先へのフォローのTELまで完璧にやってのけた。

 

そんなめちゃくちゃな状況の中新人が2人入ってきた。
仕事を教えるなんてとても、という状況でもその先輩はきちんと2人まとめて面倒をみていた。
さすがにその二人も申し訳なさそうに
「すみません…」
と言うと
「なに、覚えたら自分の分も押し付けるからそれまでガンバレ」
とカラカラ笑って言っていた。

 

どんな状況でも相手に負担を掛けないユーモアと知性を持ったすごい人だった。
上司や役員連中は生意気な奴だ、と嫌っていたので使えるものはいいように使ってやる、といった具合にいやな仕事を押し付けまくっていた。

 

そんな状態で3年が過ぎるころ・・・

 

引用:MOJOLICA MOJORCA
画像出典:photo AC

コメントしてね

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *