娘『部屋に盗聴器がある』俺「母さんと寝て。俺がその部屋で寝るから」→盗聴器に新聞紙をかぶせて、扇風機の風をあてて寝た結果・・・

娘の部屋に盗聴器が仕掛けられた。

 

何で盗聴器と思った? 
勘違いじゃねぇの? 
と聞いたら

 

「ザ・盗聴器みたいなの、間違いないから」

 

と言うので見てみると

 

壁のコンセントに電源タップ、
でかいし、分厚いし、色汚いし、
2口潰して2口に拡張する謎設置。

 

そもそも刺さってるのが延長ケーブル1本だけ。

 

確かに、これで盗聴器じゃなかったら逆にびっくりだなというザ・盗聴器。

 

いつ気がついたか聞くと、
カーテンを冬用に交換したときには無かったらしい。

 

窓には鍵かけてるし誰も部屋には入れてないとのこと。

 

そっと窓を開けてみると
くっきりとスニーカーの蹟が残ってた。

 

プランターで色々育てて掃除してなくて
汚かったのがうまい方に転んだ。

 

とりあえず足蹟の写真とって
明日警察を呼ぼうとなった。

 

今思えばすぐに呼ぶべきだったんだろうが、
その時は、もう遅いし明日でいいやと思った。

 

娘には嫁と寝てもらって念のため私が娘の部屋で寝た。

 

何となく盗聴されるのが嫌で
新聞紙をくしゃくしゃにしたのをかぶせて
ミニ扇風機の風をあてて常にガサゴソ言うようにして寝た。

 

夜中に「かしゃっ」と言う音がして目が覚めると
するするーっと窓が開いて・・・

 

引用:MOJOLICA MOJORCA
画像出典:photo AC

コメントしてね

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *