Aさん「うわぁぁぁあああっ(号泣)」A旦那「私さんの子をうちの子として処理してもらいたい!」私(目玉ポーン)→その後。。。

フェイクは入っている

その出産のとき、私は初めてではなくて、予定帝王切開で手術日が決まってた。
横のベッドの人(Aさん)は私よりも年上で初産。
優しそうな旦那さんが毎日見舞いに来てくれてて、何くれとなく奥さんの世話を焼き、私たち同室の人に愛想もよく、待ちに待ったお子さんの話を嬉しそうにしてて、いいご夫婦で羨ましかった。

うちの長女にも親切で、おなかの子が女の子らしいということもあり、
「うちの子もこんなに可愛いよい子になってくれるかしら?」なんて言われてとても仲良くなっていた。

手術日、昨晩から断食して準備し、
「頑張ってね!」と言ってくれた奥様に手を振って手術室に入った。
おなかをぐにぐにされて無事出産、そのまま麻酔効果で眠った。

目を覚ましたときはNSの横の処置室で、そこで一日過ごし、翌日から母子同室に移される予定だった。
その晩、横の病室がばたばたとあわただしくなった。
しかし自分は産後と言うこともあり大変眠く、誰かが産気づいたかなぁ頑張れ、とのんきに思ってまた寝た。

 

次に目を覚ましたのは明け方くらい。
横のベッドからの声に気付いて目が覚めたのだとすぐに解った。
誰かがすすり泣いてる…
細かな嗚咽の間に入る呪詛(言ってる本人への)、
赤ちゃんへの侘びなどから「そういうこと」だと気付き、麻酔の残る腰が痛くてたまらなかったが寝返りも打てず、鬱々と3-4時間過ごした。

そのうちに泣いてるその人がAさんだとわかり、何ともいえない気持ちのまま眠れもできずに朝を迎えた。
このときが第一の修羅場。

朝になっても仕切りのカーテンは開けられず、かといって横からは物音もしない。
寝息が聞こえる訳でもなく大丈夫だろうかとドキドキしてると、A旦那がやってきた。
旦那さんにすがりついて泣き出すAさん。一緒に泣いてなだめるA旦那。
マジいたたまれない誰かタスケテクレ…

と思ってたら赤来たよ!「オパイの時間ですよ~」って
 看 護 師 空 気 嫁
「うわぁぁぁあああっ」とAさんが号泣しだして・・・

↓ ↓ ↓
メルマガを購読する
引用:MOJOLICA MOJORCA
画像出典:photo AC

コメントしてね

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *