俺『誕生日ケーキ買ってきたよ』娘「…こんなケーキ要らない、こんなパパはいらない!!」俺『えっ』→朝起きると、ケーキとプレゼントがごみ箱に捨てられていて・・・・・

22で結婚してすぐに娘ができた。
27になった時に義母の調子が悪くなり、同居することになった。
仕事も順調に娘も優しい子に育ってくれた。
だんだん義父が夫婦や娘の事に口を出すようになったので
その頃から義父と言い争う様になって険悪になった時に
ある日娘の誕生日について大喧嘩になった。

 

娘の誕生日は平日だったので、俺が早めに帰って一緒にやることにしていたのに
義父は、昼下がりから俺以外で外食してお祝いして、大きなケーキを食べていた。
何も知らない俺は、誕生日ケーキを買って帰ったが
娘から

 

「おじいちゃんからもっとおいしいケーキ貰ったよ、
 みんな祝ってくれたのになぜパパは私より仕事が大事なんだよね。
 こんなケーキ要らない、こんなパパはいらない」

 

朝起きたら、包装されたままのケーキとプレゼントがごみ箱に捨てられていた。
出勤途中も涙が止まらなかった。
義父に何度も夫婦のやり方に干渉してほしくない、それができないなら別居すると話していた。
次の日、義父から妻が署名した離婚届を押し付けられて、
「やっと娘の目が覚めた、お前は早く出ていけ」
妻に話をすると父は言いだすと言う事を聞かないから無視しとけばいいと。
俺の気持ちに無頓着過ぎて醒めて行ったし、娘は俺の事を役に立たない、いなくてもいいと言い出すし
悲しすぎて仕事に自分の存在意義を求めるようになった。

 

新子会社の役員に抜擢する話があって、受けると出世するが転勤が必至で
今のままでは転勤するわけもいかずと悩んでいた。

俺の誕生日の朝、妻が料理作って待っているから、
早く帰ってきてと言われて帰ってみると、家は真っ暗で
わざとその日に2ヶ月後の義父の退職祝いを俺抜きでやっていたらしい。

 

妻に文句言うと、父もあと20年くらいしか生きないのだから、それまで我慢しろってさ。
娘の成長も祝えない、自分の事も祝ってくれないのに悲しくなった。
毎朝、俺の食事だけが俺の書斎に用意されて、晩飯も書斎に置かれていた。

 

俺は自分の為に生きようと考えて、子会社の役員と転勤を受け入れ、家庭の事情を説明した。

 

引用:MOJOLICA MOJORCA
画像出典:photo AC

コメントしてね

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *