私「駐車場にブロックが!車が踏んだら危ない!」→解体してブロックを撤去→おばさん『撤去したアンタだったのね!!!』私「えっ」→結果・・・

私が幼稚園児のときのことだから30年以上前の話。
うちは田舎でスーパーをやってる。
店と駐車場が横並びで比較的大きめの道路に面して立地。

 

道路の反対側は民家で、その境界線として
うちが店と駐車場をぐるっと囲んだ
1.3mくらいの塀を建ててた。

 

地図上では民家とうちの距離は数m。
でも、お互いが背中合わせみたいな感じで、
店の入口と民家の玄関は真逆なため、
実際にはその民家から店の距離は
道路をちゃんと歩くと200mくらいになる。

 

遠くなるって言っても200mだけど目の前にある店に行くのに
そんなに歩くのは嫌だった駐車場の裏の民家のおばさんは、
うちの駐車場内にブロックを積んで足場を作り、
自分の家の裏口から塀を越えてこれるようにしてた。

 

しかもそのブロックもうちのもの。
ダンボールが飛ばないようにするために
ストックしてるのを勝手に拝借してた。

 

幼稚園児の私がおばさんの仕業って言うのは知らず、
端っことはいえ駐車場にブロックが
重ねて置いてあることに気づいて

 

「駐車場にブロックが!車が踏んだら危ない」

 

っていう正義感で足場を解体してブロックを撤去。

 

解体してもしばらくするとまた足場ができてるので撤去。
それを繰り返すこと数回。
ある日、撤去作業中にそのおばさんに見つかった・・・

 

引用:MOJOLICA MOJORCA
画像出典:photo AC

コメントしてね

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *